衆院富山選挙区情勢
□各選挙 区の開票結果 富山1区内 富山2区内 富山3区内 03年県議選開票結果と会派
政権構想委員会トップ


◆富山1区    

<エリア>
富山市の一部(旧富山市)→当該地域の03年県議会選挙こ ちら 

■09年(第45回)総選挙  投票率:70.00% (前回比+4.16pt)
当落 得票数(得票率) 候補者名 党派 現新 重複 経歴・肩書き・その他
90,377(49.9%) 村井 宗明 36 民主=社民・国新 前B 党県代表・(元)環境団体役員
比当 82,040(45.3%) 長勢 甚遠 65 自民=公明 前F 党県会長・(元)法相
6,974(3.9%) 佐伯 めぐみ 28 共産 党県役員・(元)富山県議秘書
1,684(0.9%)吉田 かをる54幸福幸福実現党員
ぼろぼろと不祥事がこぼれだして来てゴミの様な政治家で有ることが露わになった長勢であるが村井と激戦の結果,自民への突風が吹いた前回からの減票を最小限の6千票余りに抑えて復活当選しやがった。福井がもうちとしっかりしないとあかんね。。

■05年(第44回)総選挙
当落 得票数(得票率) 候補者名 党派 現新 重複 経歴・肩書き・その他
88,840(52.31%) 長勢 甚遠 61 自民(森)=公明・保新 前E 党政調副会長
比当 71,072(41.85%) 村井 宗明 32 民主 前A 党県代表
9,919(5.84%) 山田 哲男 57 共産 党富山地区役員
1・2区民主,3区に社民の棲み分けを考えていた社民だが,04参院選に民主の現職に対して社民が候補者をぶつけて共倒れした経緯もあり,民主は3区に向 井を擁立した。これに反撥して社民も民主の擁立する1・2区に公認候補擁立を検討していたが結局連合の意向もあって1区は断念。

□2003年選挙得票
当落
得票
候補者名

党派
現新
備考
76,154 長勢 甚遠 60 自民=公明・ 保守 前D
比当 51,306 村井 宗明 30 民主=み どり・(社民) 新@

9,764 山田 哲男 56 共産
毎回候補者乱立に助けられていた長勢氏だが,小選挙区導入以来の直接のライバル広野氏が参院比例で当選し民由合同で民主党公認の村井氏の支援に回った事で 事実上の一騎打ちになった事に危機感を抱いたかやや村井氏を突き放して当選した。

□2000年選挙得票

得票
候補者名
党派
現新
得票率経歴・肩書き・その他
当選 66,576 長勢 甚遠 56自民=公明・保守 前C 42.92労働総括政務次官

40,366 広野ただし 57自由 26.02(元)通産省参事官→01参院比例当選

20,212 高木 睦子 56社 民 13.03自治労役員

17,239 原田 貢彰 31民主 11.11(元)会社員

10,707 火爪 弘子 45共産 6.90党県委員
前回民主党公認の高木女史が社民に移って民主党公募候補の原田氏を上回る得票を確保。
民主・自由・社民の票を併せれば長勢の得票を凌駕できるだけに課題の残った選挙となったと言えよう。

□1996年選挙得票

得票
氏名
党派
現新
備考
当選 55,580 長勢 甚遠 自民 前B

47,515 広野ただし 新進 →00は自由党公認・落選

25,506 野上 徹 無所 →息子が01参院富山当選

19,918 高木 睦子 民 主 →00は社民党公認・落選

8,101 岡田 美乃利 共産



◆富山2区      
<エリア>
(富 山市の一部(婦負郡八尾町,婦中町,山田村,細入村,上新川郡大沢野 町,大山町)▼魚津市▼滑川市▼黒部市▼中新川郡舟橋村,上市町,立山町▼下新川郡入善町,朝日町)→当該地域の03年県議会選挙こ ちら  

■09年(第45回)総選挙  投票率:72.78%(前回比:+2.79pt)
当落 得票数(得票率) 候補者名 党派 現新 重複 経歴・肩書き・その他
105,828(57.8%)  宮腰 光寛 58 自民=公明 前D 党農林部会長
73,597(40.2%) 藤井 宗一 61 社民=民主・国新 連合富山副会長
3,579(2.0%)小野 彦治41幸福 幸福実現党員
保守的なこの地域,社民党公認,にしては善戦したと云えよう。

■05年(第44回)総選挙
当落 得票数(得票率) 候補者名 党派 現新 重複 経歴・肩書き・その他
101,830(57.49%) 宮腰 光寛 54 自民(堀)=公明 前C 党副幹事長
54,701(30.88%) 西尾 政英 44 民主 党県副代表・00年広島1区出馬=連合支援
13,272(7.49%)秋原 伸行64社民(元)大沢野町議
7,320(4.13%)  平崎 功 49 共産 党新川地区役員


□2003年選挙得票

得票
氏名

現新
党派
備考
当選 93,849 宮腰 光寛 52
前B 自民=公明

42,244 西尾 政英 42
民主 00年広島1区出馬

13,792 辰尾 哲雄 54
社 民

8,015 古沢 利之 49
共産

□2000年選挙得票

得票
氏名

党派
備考
当選 105,449 宮腰 光寛 自民

37,567 高岸 由英 民主

15,208 折田 誠 共産

□1996年選挙得票

得票
氏名

党派
備考
当選 126,734 住 博司 自民 任期途中で死去

22,745 折田 誠 共産



◆富山3区    

<エリア>
(高 岡市▼氷見市▼礪波市▼小矢部市▼射水市▼南礪市)→当該地域の03年県議会選挙こちら 


■09年(第45回)総選挙    得票率:76.96%(+1.44pt)
当落 得票数(得票率) 候補者名 党派 現新 重複 経歴・肩書き・その他
134,315(45.9%) 橘 慶一郎 48 自民=公明 新@ (元)高岡市長・運送会社長=世襲
105,483(36.0%)相本 芳彦53無所属=民主・社民(元)北日本放送アナウンサー
50,752(17.3%)柴田 巧48無所属=みんな生コン会社長・(元)県議
2,249(0.8%)出口 佑一32幸福幸福実現党員
北日本新聞の出口調査に拠ると
・自民新人の橘慶一郎氏が、自民支持層の7割、公明支持層の6割、国民新支持層の5割から支持を集めた。
・無所属新人で民主・社民推薦の相本芳彦氏は民主の7割、無党派層の5割を固めたが、社民支持層の支持は6割にとどまった。年代別では20代前半、40代、50代で橘氏を上回った。
・無所属新人の柴田巧氏はみんなの党支持層の5割、国民新の3割から支持を得た。
との事。橘氏は国民新への食い込みが成らず,綿貫系への食い込みを図った柴田氏だが,高岡市長の橘氏にも遅れをとった。


■05年(第44回)総選挙
当落候補者名候補者名
党派
現新
重複備考
120,083(41.29%)綿貫 民輔 78国民[自]
郵政懇話会会長・(前)衆院議長
比当100,586(34.59%)萩山 教厳 73自民(亀)
党総務副会長
47,735(16.41%)向井 英二
59民主(自)

元県議(自民党)・高岡市長選民主推薦出馬落選
15,163(5.21%)窪田 正人 58社 民

(元)高岡市議=連合
7,244(2.49%)坂本 ひろし
35共産

党呉西地区役員
郵政反対派の首魁に祭り上げられ,郵政民営化法案に反対して自民党を離党,新党結成に追い込まれた綿貫氏に,是まで協力していた萩山氏が自民の公認を得 て,元自民党県議の向井氏が高岡市長選で支援を受けた民主の公認を受けて挑む。民主の候補者選定が遅れたこともあり,連合は社民の窪田氏を単独推薦,戦う 体制を整えた。


■2003年選挙得票

得票
候補者名

党派
現新
備考

159,316 綿貫民輔 76
自民=公明・ 保守 前K


51,663 窪田正人 56
社 民


17,756 坂本洋史 33
共産

                      

■2000年選挙得票

得票
候補者名
党派
現新
備考

150,200 綿貫 民輔 自民


46,478 野畑 圭造 民主

46,394 湊谷 道夫 社 民

13,610 上田  弘 共産



■1996年選挙得票

得票
候補者名
党派
現新
備考

182,185 綿貫 民輔 自民


31,476 上田  弘 共産

14,222 宮西 伊佐雄 無所
        

■1993年総選挙得票(中選挙区時代 旧富山2区)

得票
候補者名
党派
現新
備考
96,567 綿貫 民輔 自民 前H →新富山3区 =砺波
72,567 橘 康太郎 自民 新@ →比例 =高岡/三塚派
67,018 萩山 教厳 自民 前A →比例 =氷見/渡辺派

55,379 本間 卓 社 会

8,249 上田 俊彦 共産
社会党敗北の流れを受けて富山3区でも3人の議席を自民党が独占した。
この後この中選挙区旧富山2区はそのまま小選挙区富山3区となり,現職3人は綿貫氏が小選挙区,残りの二人は比例に回り盤石の自民党王国を築く。