×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

県西部 県東部 戻る
静岡県衆議院選挙状況(県中央部)


 
静 岡
焼津・藤枝・島田
掛川
清水
富士宮

 
旧1区
旧2区

93






候補者
党派
新旧
得票
備考

大石 千八
無(渡)
前G
160,555
→新2区地盤,引退。息子が比例区から

原田昇左右
自(宮)
前F
106,757
→新2区へ

牧野 聖修

新@
106,115
→新1区へ

大口 善徳

新@
103,056
→新1区へ

松前 仰
社=社連
前C
94,097
→引退

戸塚 進也
自(小)

85,406
→新1区へ

栗田 翠


70,444


小嶋 善吉
自(三)

53,864
元県議 →静岡市長へ






                                     (定数5)


                       
旧2区に所属
こちら参照
93




 
1区(静岡)
2区(焼津・藤枝・島田)
掛川
4区(清水)
(富士宮)

96




 

候補者
党派
新旧
得票
 備 考 

大口 善徳
新進
前A
48,650


戸塚 進也
自民

37,061


天野 進吾
無所属

28,987
元静岡市長

牧野 聖修
民主

28,987


上川 陽子
無所属

26,828


杉山 恒雄
共産

18,496


松永 広次
無所属

15,526


木宮 岳志
無所属

14,925

保守系を中心に候補者が乱立した選挙区。乱立の間隙を縫って公明系大口氏が当選を決めた。


候補者
党派
新旧
得票
 備 考 

原田昇左右

前G
127,933


浅羽 広吉


36,714


池田 剛久
自連

25,547


中村 英一


18,956

新進党も民主党も候補者をたてられなかった選挙区。
大石千八氏は引退し,息子秀政氏が比例区より立つ。















候補者
党派
新旧
得票
 備 考 

望月 義夫
無=進
新@
68,770
後自民入り●

倉田 雅年


40,626
→自民比例

栗山 満子


19,584








新進党推薦で当選した望月氏は自民党へ入党。
落選した倉田氏は比例に移り棲み分け。

5区に所属
こちら参照
96



00






得票数候補者
党派
新旧
得票
 備 考 

58,358上川 陽子
47無所属
新@
24.22 総合研究所代表・21世紀クラブ→自民党
比当
57,786牧野 聖修
55民主
元A
23.99 元法務政務次官

55,976大口 善徳
44公明=保守・友愛

23.24 弁護士→03年は比例単独

43,734戸塚 進也
60自民

18.15 元通産政務次官→04年参院比例(落選)
・05年掛川市長選(当選…orz)

23,674島津 幸広
43共産

9.82 党県役員

1,327浅野 光雪
48自連

0.55 党支部長
加藤派・農協が推す無所属上川氏,民主党公認の牧野氏,公明と友愛系労組が支援する大口氏,自民党公認で静鉄関係に食い込む戸塚氏の有力4氏が大激戦。
自民党中山建設相が大口氏の応援演説をして戸塚陣営が反発するなど選挙は白熱。
結局,前回に続く挑戦の上川氏が制した。


得票数候補者
党派
新旧
得票率
重複 略歴・備考 

92,905原田昇左右
76自民=保守
前H
36.84 元建設相
比当
76,334津川 祥吾
28民主
新@
30.27 元日本国土開発社員・公募1号

46,095大石 秀政
36無所属
前(1)
18.28 元衆院議員秘書

23,009四ッ谷 恵
47共産

9.12 党県役員

13,816池田 剛久
34自連

5.47 党遊説局長
名簿上位搭載が難しいとされ反発した大石氏が自民離党し,前回から一転分裂選挙になった。
原田氏が当選を決めたものの民主党公募第1号で準備期間もあった津川氏が善戦。比例復活を決めた。












候補者
党派
新旧
得票
 備 考 

望月 義夫
自=公・友
前A
78,295


川井 健男


38,313


西谷 英俊


18,028


丹羽 幸雄
自連

1,669

民主党は擁立が難航。
望月は比例に回った元々の自民候補倉田氏や
前回新進推薦の関係を生かし友愛系などにも
支援を拡げ圧勝した。

5区に所属
こちら参照

00




 
1区
2区
掛川
清水・富士宮

03





当落
候補者
党派
新旧
得票
備考

牧野 聖修
58民主
前B
74,745

比当
上川 陽子
50自民=保新
前A
67,437


田辺 信宏
42無所属(自)
新 
59,937


河瀬 幸代
52共産

15,032


石塚 聡
45社民

6,093
83〜89年:渋谷区議会議員
89〜93年:東京都議会議員
元政策秘書(家西悟)
空港反対派と連携して落下傘

       
( 戸塚 進也
 自民──参院自民比例へ   )
( 大口 善徳 公明──東海B比例候補へ  )
上川氏は加藤氏についていった原田氏の後援会の支援を受け
無所属で当選するも,加藤の乱で古賀氏側に着き,
無事(?)自民入党。更に古賀・野中氏らのパイプを生かしてか
公明党の大口氏に比例に回って貰うなど対策は着々。
  
しかし小選挙区導入以来分裂傾向が強い選挙区で,
今回は自民党県議だった田辺氏が挑戦して分裂選挙へ。
野党も社民党が擁立したが,公明党が大口氏を比例に転出させたことで
労組票が一本化された事もあり牧野氏の当選となった。


当落
候補者名
党派
新旧
得票
備考

原田 令嗣
51自民=保新
新@
129,162

繰比
津川 祥吾
31民主
前(1)(→A)
107,687
比例次点→繰り上げ

岡崎 平作
51共産

14,096


加藤の乱で加藤氏についていった原田氏だが健康に不安で息子の令嗣氏に選挙区を移譲。世襲に成功した。
中選挙区時代はともに争った大石氏(現在は代替わりして千八氏の息子秀政氏)は
候補者に挙がりもせず今回は出馬も回避。動向が気になる。

対する民主党は前回公募第1号の津川氏が前回は復活当選したものの,今回は比例でも次点(こ ちら参照)と涙を呑んだ。自民党が一本化されたことが大きかった。→繰上で復活当選を果たす。













<4区>
当落
候補者
党派
新旧
得票
備考

望月 義夫
自=公・保
前B
102,761


田村 謙治


76,865
再挑戦決定→繰上げ当選

西谷 英俊


13,795


望月氏が比例に回った倉田氏と連携して着実に三選を果たした。
議員板にも登場したたむけんこと田村氏http://www.tamuken.net/
個人的には応援してたが,地盤を固めた望月氏を脅かす迄には至らず,
運動員も逮捕されるなど次回に課題を残した。
→樋高氏・サトカンと相次いで議員辞職して繰り上げ当選を果たす。頑張って下さい


03




05




当落 得票数(得票率) 候補者名 党派 現新 重複 経歴・肩書き・その他
99,702(39.49%)  上川 陽子 52 自民(堀)=公明 前B 党女性局長
69,111(27.38%) 田辺 信宏 44 無所属 (元)県議
67,560(26.76%) 牧野 聖修 60 民主 (元)法務政務次官
16,077(6.37%)池野 元章45共産党静岡地区委長



当落 得票数(得票率) 候補者名 党派 現新 重複 経歴・肩書き・その他
155,019(56.66%) 原田 令嗣 53 自民(小)=公明 前A (元)衆農水委員
118,564(43.34%) 津川 祥吾 33 民主 前(2) 党国対副委員長









<4区>
当落 得票数(率) 候補者名 党派 現新 重複 経歴・肩書き・その他
116,045(54.39%)  望月 義夫 58 自民(堀)=公明 前C 党経産部会長
比当 97,330(45.61%) 田村 謙治 37 民主 党政調会長補佐


05




09




当落 得票数(得票率) 候補者名 党派 現新 重複 経歴・肩書き・その他
120,904(47.3%)牧野 聖修64民主=国新元C[比]〈元〉党副幹事長
・党選対副委長
  96,096(37.6%) 上川 陽子 56 自 民=公明 前(3) [比] 〈元〉少子化担当相
・総研研究所員
 21,285(8.3%)佐藤 剛36みん[比]生命保険会社員
 14,293(5.6%)池野 元章49共産 党県委員
 3,071(1.2%)中野 雄太35幸福 幸福の科学職員
     連合との関係が今一の牧野に,大臣経験もした上川,更に選挙直前には知事選で海野を支援した渡辺が結成したみんなの党から候補者が出る等,今一選挙に弱い 牧野には不安が山積した選挙だったが民主への追い風で無事当選を果たした。

当落 得票数(率) 候補者名 党派 現新 重複 経歴・肩書き・その他
165,151(58.4%)津川 祥吾37民主元B[比]〈元〉党県副会長=藤枝
  112,889(39.9%) 原田 令嗣 57 自 民 前(2) [比] 党農林副部会長・(元)文科政務官・NHK部長=焼津
 4,952(1.7%)浜口 亘弘41幸福 幸福の科学職員・(元)ニコン社員
落とせそうで落とせなかった原田親子を遂に落選せしめる!
地盤の焼津でも民主系市長が誕生し,前哨戦の県知事選でも民主系が圧勝。
その流れのまま,比例復活も許さない圧勝に。東京〜兵庫間の東海道ラインはほぼ民主が制圧し,中でも愛知の圧勝はめざましかったが静岡も比例復活を大臣の塩谷を除き悉く阻止しての勝利となった。










<4区>
当落 得票数(率) 候補者名 党派 現新 重複 経歴・肩書き・その他
123,719(54.6%)田村 謙治41民主前B[比]党青年局次長・党税調事務次長・(元)財務相職員
100,352(44.3%) 望月 義夫 62 自 民 [比] (元)党副幹事長・国交副大臣
2,540(1.1%)神沢 一正47幸福幸福の科学職員
保守的な雰囲気も未だ未だ強い清水に根を張る望月に対して,こつこつと頑張ってきたたむけんが遂に小選挙区勝利!
09




静岡(葵区・駿河区)
焼津・藤枝・島田
掛川
清水区
富士宮